FC2ブログ

新作随時アップ中です!

☆今年の末でpinktourmalin.comがクローズして、2017年にできるアトリエへお引っ越しすることになりました

ロザリオ、マリア様、ワンドなど扱ってる「アヴァロン」は継続です。

でも、15年近くweb上でお世話になったピンクトルマリン・・・まだアトリエの名前は秘密ですが、来年には新生○○△△としてクリェイティブな活動をしていきます。

11月までは「えっ!こんなお値段?! 安いぃ~」 こんなプライスで採算とれるの?って思うようなお値段で新作&リクエスト物を掲載中です。

↓のピアス・・・ピアスの片割れがチァームになる2倍お得なピアス。

ラブラドライトの片側はぶどうの房のように、もう片側は大粒のペアシェイプで、耳元で揺れる感じが異なるのが楽しいピアスです。
な、な、なんと\2,500
おまけに送料も無料

欲しい~ピアスの穴が開いていないぃ、ご心配なく、イヤリングパーツに無料でお取替えです。
閉店セール・・・といっては叱られるかな(ノ´▽`*)b☆

オーダーも可ということなので、ご相談ください!

t_画像 113
スポンサーサイト

♪♫ Happy New Year ♩♬

まい」です、♫♪v★☆*+:。.。:+*2016年もヨロシク お願い致します<(_ _)>*+:。.。:+*☆★

151224c[1]


クリスマスの片づけが済んだと思ったら、年末のお掃除、、、あらら、あっという間に2106年になってしまいました。

旧年中にやり残したこと、やれなかったこと・・・

「今日の一日を、人生最後の日だと思って生きる」ってつもりだったのに、毎日忘れて明日があるさぁ・・・ってお気楽に過ごしてたことです。

今日の一日が人生最後の日だとしたら、いつもの通り道でも「毎日お世話になったねぇ」って感謝しながら歩くだろうなぁ。
今日の一日が人生最後の日だとしたら、出会う人、出会う人に丁寧に敬意をもって接するだろうなぁ。
今日の一日が人生最後の日だとしたら、暴飲暴食しても働いてくれるこの肉体に感謝して、優しく扱うだろうなぁ。

今日の一日が人生最後の日だとしたら・・・・・・

すべてに「ありがとう」しかない・・・ミタイ。

2016年こそは、こんな風に一日を送りたいです。

Happy New Year 2016

本年も宜しくお願いいたします

スギライト・・・ってまじ凄いかもぉ(゜o゜)

r-293a7.jpg

まい」です、こんにちは (^_-)-☆
クリスタルを扱ってるショップのスタッフとはいえ・・・新人なものでクリスタル全般ビジターなのです。
なのでクリスタルの効能や特質なんてきいても「ふ~ん」そんなものなの・・・って。
ここのところ「スギライト」ブレスやお守り用の勾玉などが入荷してます。
で、スギライトって癒し効果バツグンのストーンって知りました。
ほんまかいなぁ?!
あることで「ハートブレイク」してメチャ傷ついてるんだけど・・・癒してくれるの?

濃い色、黒に近いスギライトの方がパワフルで、淡い色目の方が優しいエネルギーって・・・
なのでビジターとしては「優しい」方をと思い「ピンクスギライト」のビーズのブレス・・・
2点出来上がったばかりの1点をスタッフ割引で譲ってもらいました。
スギライトって高価なんですね? こんなビーズでも。。。

手首につけて数時間・・・えっ、エッ、ってくらい、ジンジン感じますぅ。
なんなの好転反応ってやつ?
淡い色は優しいエネルギーじゃなかった?!
ストーン、クリスタルの違いも知らなし、初めての「ブレス」
なんか分からないけど「キテマス~ゥ
同じお品リンクしておきます。 ピンクスギライトのゴムブレスレット

ヨロシク( ゚ー゚)/゚*゙:¨*;.・';゙:..・☆「まい」です。

150927x.jpg

このスタッフ日記・・・実は当初からサイトの運営をしていた管理人が別件の業務で多忙な為、管理人に「私(管理人)の守護天使▼*゚v゚*▼テヘッ」と有りがたいお言葉を頂いてる「まい」が代って運営させて頂くことになりました。

・・・ということで、「まい」です、改めましてよろお願いします(^_-)-☆

では、では・・・私こと「まい」のガイド様(勝手に自己申告)の「マグダラのマリア」さま。
今ではすっかりイエス様の奥様であったという説が有力になっています。

アメリカの作家ダン・ブラウンさんの「ダ・ヴィンチ・コード」の影響でしょうか・・・
ううんと昔「エドガー・ケーシー」のご本を読んで、マグダラのマリア様が娼婦なんかでなく、高貴な王族出身のイエス様の奥さんで、お顔がレオナルド・ダ・ビンチが画く「女性像」に現れてるってことで「まいは舞い上がってしまいました」

ダ・ビンチ自身「アクシック・レコード」が視れる人で、アカシックからの情報を元に表現してたとか・・・。
これは「ゲーリースクール」出身の知人から聞いたことです。

で当店に再入荷した「マグダラのマリア様 Mary Magdalene beloved disciple」
「愛する弟子 マグダラのマリア」って刻印されてて、う~ん、分かってるぅ、イエス様の一番のお弟子さんであり、愛するお方でもあった・・・という刻印ね。
それにしても、この像・・・ダビンチの描く「女性像」ではないですかぁ?!
偶然なのか、制作者の意図なのか・・・製作者もアカシックから得た情報なのか? 
「聖母マリア様」の像も素敵ですが、この「マグダラのマリア様」・・・胸像ということも、d(゚-^*) good♪

来訪者

s150921.jpg

とても小さな「招き猫さん」がやってきました。(タンザナイトのブレスと比較)

この招き猫さんについては日本の各地にさまざまな言い伝えがありますが、招き猫発祥の地といわれる東京世田谷区の豪徳寺の招き猫さんです。

豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」というそうで、右手を上げて小判などを持たない素朴な白い招き猫さんです。
境内には招猫観音を祀る「招猫殿」があるそうです。

願いが叶って招猫堂の横にある祠に返納すると、さらにご利益があるとか・・・

来年早々には返納できるように、サンクチュアリの隅っこに鎮座してもらうことになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。